株式会社ハマダセイ|香住ガニ製造・卸・販売|兵庫県美方郡香美町香住

 

よくある質問

 

商品に関して

商品に関して
 
解凍方法(生がにが届いた時)

商品到着後は必ず一度開封いただき、決して発泡スチロールのままや常温で放置せず、必ず流水でゆっくり洗い流すように)解凍してください。放置をしますと、かにの関節部分より黒変をします。かに自体にある体液が酸化しておきる現象であります。決して腐敗ではありませんが、決して見栄えも良くございませんのでご注意ください。

中心が少し凍っているくらいの時に表面を流水で洗って下さい。


※解凍後の再凍結は風味を損なうのでなるべくおやめ下さい。

 
解凍方法(茹でがにが届いた時)

基本的には自然解凍をしてください。中心が少し凍っているくらいの時に表面を流水で洗って下さい。早く解凍したいときは、流水(シャワー)でかにの足の関節が動くようになるまで解凍します。一匹丸々の姿ガニの場合は甲羅の中にかにみそがありますので、甲羅に直接水をかけたりしないでください。


茹で上げられたかには、黒変の心配はございませんが、解凍後早めにお召し上がりください。さらに美味しく召し上がりたい方は、かにが入るくらいの大きめの容器にお好みの弱塩水を作り、かにを入れて10分程度浸してください。

※解凍後の再凍結は風味を損なうのでなるべくおやめ下さい。

 
解凍方法(料理がしてあるものが届いた時)

弊社の料理済の加工した商品(上削ぎ・剥き)はパック・袋に入れて発送しております。到着後、常温で半解凍(関節が動く程度)して、パック・袋のまま水道水で表面を軽く洗って下さい。 

早く解凍したい場合は、パックから出し、水を張った容器に浸け、かにに流水が直接あたらないように気を付けながら、解凍してください。

※解凍後の再凍結は風味を損なうのでおやめ下さい。黒変だけでなく腐敗の要因にもなります。

 
茹で方(姿がにの場合)

1.かにの表面をきれいに水洗いする。

2.かに全体が浸かる大きめの鍋にたっぷりと湯を沸かし、海水程度の塩を入れます。

  (塩加減はお好みで調整してください。)

3.沸騰したらかにの甲羅を下に向けて入れます。かにが浮いてくる場合は、落しふたをして下さい。


  ※ 身入り具合によって、茹で時間が異なりますので、あくまで、目安としてください。

かにの重さ(生)

茹で時間

300500g

20

600700g

2122

800900g

22

11.2kg

25

1.3kg

2526

                        
4.茹で時間は上記に加え、さらに沸騰してから、56分茹ででください。

 

5.ざるに取り、水気を切ります。お温かいうちに召し上がれば、かに本来の旨味を堪能していただけます。

※ 茹で時間が短いと、かにの血液は無色透明で、
空気に触れて酸化反応を起こり、黒くなります。
決して腐敗をしているわけではございません。食しても問題はありません。
茹で時間が長くなりますと、身が収縮して硬くなります

 

 

 

 

 
茹で方(切りがにの場合)

1.大きめの鍋に水をたっぷり入れ、塩を入れる。
2.水が沸騰したらカニを入れる。
3.再度、沸騰してから時間を計る。(約5〜6分)
4.カニの「アク」はこまめに取る。
5.ざるに取り、水気を切ります。お温かいうちに召し上がれば、かに本来の旨味を堪能していただけます。

※ 茹で時間が短いと、かにの血液は無色透明で、
空気に触れて酸化反応を起こり、黒くなります。
決して腐敗をしているわけではございません。食しても問題はありません。
茹で時間が長くなりますと、身が収縮して硬くなります

 
保存方法

到着後は、箱から出して冷凍庫で保管してください。

    すぐに召し上がらない場合は必ず、市販の冷凍用シートに入れるか、ラップで包むかして、 
    空気に触れないように密封して冷凍保存してください。


   ※解凍後の再凍結は風味を損なうのでおやめ下さい。

 
カニの黒変について

決して腐敗をしているわけではございません。食しても無害であり同じ状態のカニであれば黒変しているものと、していないものとの間には、風味上の優劣はさほどありません。かにの体液(血液他)は無色透明で、空気に触れて酸化反応を起こり、黒くなります。かにが黒くなる原因です。

詳しく言いますと、解凍した生のカニは、常温で数時間放置すれば、胸・腹・歩脚部等にメラニンによる黒斑が発生し次第に拡大します。これが「黒変現象」です。メラニンは、カニに含まれるタンパク質中のアミノ酸の一種チロシンが体内組織おもに体液(血液)に含まれる酸化酵素(チロシナーゼ・ドーパ等)と空気中の酸素によってチロシンに作用し生じる複雑な酸化化合物です。

黒変防止には、低温(−10℃以下)で保管してこの酵素の活性を抑えるか、また、薬品(酸化防止剤)で酵素の性質を変えてしまうのが一般的です。

弊社商品は酸化防止剤を一切使用しておりません。

 
活がにの〆方

活きた松葉がにを、たっぷりの水道水の中へつけ、動かなくなるまでしばらくつけておきます。

 
カニに付着する生物
 黒い豆の様なもの・ゴマの様なもの…
がありますがこれは『カニビル』と言う寄生虫の卵であります。
 カニビルが付着していているカニを食しても人体には一切影響ございません。カニビルや卵は食さないでください。また、カニに付着している卵から生まれたカニビル(孵化後:ミミズの様生物)はそのままカニに寄生したり体液を吸う事も無く離れたり切り離したりします。
 あくまでも産み付ける場所がカニの甲羅であり直接な寄生ではありませんのでご安心ください。
見て気持ちの良いものではありませんが、これが多いと身詰まりが良いとも言われます。
 
もしご不明な点等ございましたら、お尋ねください。
 
 

株式会社ハマダセイ
〒669-6541
兵庫県美方郡香美町
香住区境1124

■本社■
TEL.0796-36-0668
FAX.0796-36-2587
■センター工場■

TEL.0796-36-4658

FAX.0796-36-0532

■直売店かに物語®■

TEL.0796-36-4626

<<株式会社ハマダセイ>> 〒669-6541 兵庫県美方郡香美町香住区境1124 TEL:0796-36-0668 FAX:0796-36-2587